MENU

プロミス増額方法を教えて下さい

消費者金融で借入をする時にはお金を借りる限度額があります。
無限に借りられるものではないということはもちろんのことではありますが、消費者金融では総量規制の対象となりますのでその点も限度額に影響をしています。
とはいっても最初から総量規制となる年収の3分の1まで借り入れすることができるわけではありません

 

初めの借り入れでは年収や他社からの借り入れ状況などを加味して希望の限度額というよりもその業者から貸し出せるラインが限度額になります。
お金の貸し借りになりますので情報だけでは計り知れないこともあるもの。

 

年収が高くても他社からの借り入れが無くても確実に返済をしてくれる人かと言えばそれは個人の気持ちひとつになりますし、また年収は低いけれども返済を滞らない可能性もあります。
現在の借り入れ限度額よりも高くしたいのであればプロミス増額方法を知ることが必要です。

 

限度額と言っても一つではありません。
プロミスが提示している最大限度額、これは300万円になります。
しかし個人の年収によってその個人の最大限度額は変わってきます。
これで限度額の意味は二つあることとなります。

 

300万円の限度額であれば総量規制を考えると年収は900万円なくてはなりません。
実際問題、そのくらいの年収があるのであれば借り入れ先は消費者金融ではなく銀行になるでしょう。

 

300万円という限度額は個人が借り入れるには充分な限度額です。
問題になるのはあなたの年収による限度、そして増額を希望するまでの返済実績になるでしょう。

 

キャッシングで希望利用枠にするには

キャッシングで希望利用枠にするにはどうしたらいいのでしょうか。キャッシングでは契約時に限度額を設定されますが、必ずしも審査に通る訳ではありませんし、審査に通ったとしてもそれが自分が利用したいだけの希望額かどうかはわかりません。一般的に、はじめの契約の際の限度額は多くても50万円以下といわれています。

 

50万円希望利用枠がほしくて申し込みをしたのに20万円の限度額が設定された場合には、30万円分増額申請をしたいですよね。増額には新規契約時から一定期間、少なくとも半年以上は利用履歴や返済実績が必要となってきます。信用を得るためには、やはりそれなりの期間が必要ということです。この期間はキャッシング会社により基準が異なりますが、中には1年以上というところもあります。

 

そして増額の申請をする際の金額にも注意が必要です。30万円分増額したいからといって、いきなり30万円、一気に50万円などと枠を広げてもらおうとするのは危険です。キャッシング会社側としても、いきなりまとまった額の増額には不安が大きいです。増額のペースは10万円ずつだんだんとあげていくのが無難でしょう。増額には信用が必要ですが、信用というのはいきなりぽんっとあがるものではありません。こつこつと利用を続けていくことで、少しずつあがっていきます。限度額も、それにともない少しずつこつこつとあげていきましょう。

 

希望利用枠が50万円以下の場合には比較的増額はかんたんです。しかし、多くのキャッシング会社で収入証明書の提出が必要となってくる50万円以上の枠からは増額は急に厳しくなります。信用を得られるような利用を続けて、希望利用枠にしていきましょう。

CMから見るプロミス

最近では当たり前かの様にテレビで放映をされている消費者金融のコマーシャル。
その内容自体は各社それぞれであるが、印象として受けるのはどこも似ています。

 

それは“少しでもさわやかで、なじみやすい様に”といったメッセージではないでしょうか?

 

どの企業であっても旬の俳優や女優、または芸人をコマーシャルのイメージキャラクターに起用し親しみやすく見せようとされています。ですが、企業側の狙いは本当に視聴者には届いているのでしょうか?ネット上の掲示板やブログには視聴者の厳しい意見が飛び交っています。

 

大手の消費者金融であるプロミスは、コマーシャルに“相武紗季さん”等を起用し、もっとサービス向上委員会といったコマーシャル連動のWEBコンテンツの紹介をしています。
内容としても、お客さまに満足してご利用を頂くには何が必要なのか?を相武紗季さん等5人の女優さんがそれぞれ社員に扮して話し合っている様なものであり、企業自体が今この様に動いています。とのアピールをしている物です。

 

プロミスは以前に企業成績自体が落ち込んでしまった時期があり、現在では三井住友フィナンシャルグループの子会社となって以降、金利面の改善、サービス内容の変更であったりと様々な変革を起こし、顧客満足度を上げていこうとしております。また、大手の銀行との業務提携という事から企業イメージ自体も変わってきている様子で、これからの動きに注目するとともに、期待もかけられます。

 

総量規制とは?

新聞などでよく目にする「アベノミクス」。この「アベノミクス」の経済回復対策の動きの一つとして、総量規制の緩和があります。2014年の6月に自民党がこの総量規制の見直しについての再建案を発表しています。

 

ところでこの、総量規制とは一体何なのか、ご存知ですか?
総量規制は、2006年に行われた、貸金業法の改正に伴い施行されました。その内容は、簡単にいうと、「グレーゾーンを廃止すること」と、「個人の借入総額金額を制限すること」です。
貸金業に対する利息の法律は、日本には2つ存在しています。そのため、それ以前には2つの法律の間のグレーゾーンでの金利でお金を貸している業者がほとんどでした。

 

しかし、総量規制により、グレーゾーンの貸し付けは、行政処分となったため、出資法所定の上限利率(29.2%)の間の金利は不可能となり、実質の金利は利息制限法の15%〜20%になったというわけです。

 

そして、もう1つの個人の借入金額の制限ですが、こちらは、具体的には、「個人の借入総額を年収の3分の1以下にする」と決められてしまいました。そのため、個人の生活は大きく圧迫される恐れが高くなりました。つまり、お金を必要としているのに、どこからもお金を貸してもらえないという状況が発生しうるといことになるのです。

 

総量規制により、多重債務などの被害が減少したことも確かに事実ですが、この規制がかえって、生活苦を招く結果になってしまっていることもまた事実です。

プロミス口コミで一番人気になるのはインターネットからの申し込み

プロミス口コミでも今は一番人気となっているのはインターネットからの申し込みです。
今の消費者金融ではインターネット申し込みは一般的な方法になっています。
カードローンランキングでも人気のプロミスでも同じように利用することができるインターネット申し込みになりますのでメリットとともにご説明していきましょう。

 

インターネットになりますのでいつでもどこでもインターネットにつながる環境さえあれば申し込みをすることができます。
時間にさえ気をつければ即日の振込キャッシングも可能になります。

 

それでは即日キャッシングを希望するときの注意点を見ていきましょう。
審査が行われる時間は決まっており9時から20時までとなっています。

 

審査が完了すると契約をすることができますのでこの時間は守らなくてはなりません。
そしてもう一つ、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があるときには24時間いつでも振込キャッシングが可能になりますので20時に審査が完了しそれ以降の契約と振込キャッシング依頼となっても即日借り入れは可能になりますが、それ以外の口座を振込キャッシング先として指定するときには14時50分までに振込キャッシングの手続きをしなくてはなりませんので時間に余裕を持って遅くとも14時までには審査を始めておかなくてはなりません。

 

もう一つ、注意点とすれば自宅へプロミスカードと契約書が郵送される申し込み方法であるということ。
いくつか注意点がありますので気をつけて確認をしておきましょう。